楽器のお値段

これから楽器を始める方向けに、色々な楽器の値段や特徴を紹介しています!

バリトンサックスのお値段

time 2016/10/09

バリトンサックスのお値段

バリトンサックスとは

よく見かけるサックスの中では最も大きく、音が低いバリトンサックス(英:baritone sax)。

低いながらも色気のある音、そしてただでさえ見た目のかっこいいサックスが巨大化した大迫力の外見は圧巻です。

大型の楽器店にもなかなか置いていないバリトンサックス、生で見たことが無い方も多いのではないでしょうか(そもそも名前すら聞いたこと無いという方も多そうですが…)。私自身も楽器店のショーケースにバリトンサックスが置いてあったら「うわっバリトン置いてある!(゜o゜;)」ってなっちゃいます(笑)。あとから来た別のお客さんも「すげー!バリトン置いてある!」という反応する方が多いので、それだけの迫力を放っているんですね!(ちなみにバリトンサックスではなく純粋な「バリトン」という楽器も存在するので間違えないようにしましょう!)

役割としては伴奏が多いものの、他の伴奏系の楽器に比べ、音に存在感があり強い個性を持っています。
伴奏ばかりではなく、メロディに混ざることもそれなりに多く、前面に出てくると、聴く人にインパクトを与えることが出来ます。バリトンサックスの音を前面に押し出した曲には他の低音管楽器にはない「凄み」が有り、曲によってはちょいワル感出てきて一気に印象深くなったりします(笑)

曲の出だしがバリトンサックスだったりすると一瞬で心を惹きつけられる、そんな魅力がある楽器です♪

バリトンサックスの見た目・音

バリトンサックスのサイズ感

そんなバリトンサックス、冒頭で「アルトサックスやテナーサックスを巨大化したような見た目」と言いましたが、実は多少(結構?)違います。こんな感じです→バリトンサックス

見慣れていない方には同じように見えるかもしれませんが、よく見ると、ベル側(音が出ていくラッパ状の部分)がアルトやテナーよりも長くなっています。また、ネック側(吹き口が付いている方)がグネグネしています(私はこの部分が大好きです笑)。下についている棒は「ペグ」といって座って演奏する際に床につくための脚です(着脱可能)。重くて大きいため、これがついていないと支えるのが大変なんです!ただ、ペグを使うと音の振動が床に吸収されてしまって音質が変わってしまうという理由で「使わないべきだ!」という人も結構いるそうです。

バリトンサックスの大きさ

前述の通り重くて大きいバリトンサックス。どのくらいの大きさなのでしょうか。シルエットで比較してみましょう。
だいたいのサイズ感はこんな感じです→バリトンサックスの大きさ

比較のために、アルトサックスのシルエットも載せてみました(大きさは実際に性格に測っている訳では無いのでざっくりです)。大きくて迫力満点です!この大きさで、レバーやキイ(サックスのボディの周りについているごちゃごちゃしている部分)がたくさんついていて、しかもきんきらきん!ものすごくゴージャスで、実物を見てみると単純な大きさ以上にインパクト迫力があります!ショーケースに置いてある楽器店を探してでも見る価値はありますよ!(笑)

バリトンサックスの大きさ・重さ

メーカーや販売店で公表されている事が少ないため性格な数値はイマイチわからないのですが、バリトンサックスの大きさ、重さをネットで調べてみました。比較のため、アルトサックスとテナーサックスのデータと並べています。

楽器種別 大きさ(高さ) 重さ
ソプラノサックス 60cm前後 0.9~1.0kg
アルトサックス 70cm前後 2.3~3kg
テナーサックス 95cm前後 3.5~5kg
バリトンサックス 115cm前後 5~8kg

改めて数字で見てもバリトンサックスは大きいですね!アルトサックスやソプラノサックスでさえ重い!疲れる!と言われるので、それなりの体力が必要です!練習中、演奏中は勿論ですが、持ち運びの手間も問題ですね。楽器を収納するケースは、楽器本体よりも一回りも二回りも大きくなってしまうため、「持ち運びが面倒で練習行くのもめんどくさい!」というものぐさな人には向いてない楽器かもしれません笑
でも、電車とかで楽器を運んでる人ってかっこいいんですよね!管楽器とか興味ない人からすると何も思わないのでしょうが、やっている人からすると「お!仲間だ!」とか「このケースのサイズ!バリトンサックスだな!」とか思って親近感が湧きます♪
 

ちなみにバリトンサックスよりも更に大きくて音も低いバスサックスという物もありますが、300万円~というシロモノなので管楽器初心者が手を出せるものでは無いですね(;´∀`)。後述しますが、バリトンサックス自体もなかなかいい値段がするのでなかなか手がでないと思いますけど(汗)

バスサックスについてもう一つ。CMで東京スカパラダイスオーケストラさんと共演して話題となった芸能人のさかなクンは、バリトンサックス、バス・クラリネット、コントラバス・クラリネット等、たくさんの楽器を持っているのですが、その中にはバスサックスも含まれているんです!「自分の声が高いから、音の低い楽器が好きだった」との事!CMで演奏していたのもバスサックスでした!普段のキャラに反してあんなにシブい楽器を吹きこなせるなんて…カッコよすぎますね!

バスサックス自体も凄いですが、サックスにはさらにこの先に、コントラバスサックス、サブコントラバスサックスとさらに音が低く、巨大化していくものがあります。いやぁ~世界は広い(;´∀`)
コントラバスサックスは500万円ほどするようです…。サブコントラバスサックスに至っては値段の情報はありませんでした笑

バス~~、コントラバス~~は色んな管楽器にあるので、サックスに限った話では無いんですけど、それでも驚いちゃいますね!

バリトンサックスの音

さて話をバリトンサックスに戻しましょう!

冒頭でも書きましたが、バリトンサックスの音は低くて迫力を持ちながらも色気も兼ね揃えた音色だと書きました。実際に聞いてみましょう!

いかがでしょう?低い音なのに凄く表情豊かでとてもいい音だと思いませんか?演奏姿もカッコよく、ビッグバンドやジャズバンドでもとても目立ちます!

バリトンサックスの値段

というわけでバリトンサックスはいくらぐらいで買えるものなのでしょうか?色んなメーカーのバリトン・サックスを調べて価格帯を分類してみました!普段は「激安品~エントリーモデル」みたいな分類の価格帯があるのですが、バリトンサックスにはそういった商品はありません(;▽;)

↓こんな感じです

エントリーモデルの価格帯:260,000~280,000円前後

ミドルクラスの価格帯:400,000~560,000円前後

ハイクラスモデルの価格帯:650,000~1,020,000円前後

アルトサックスなどと比べると最安の商品の価格が10倍ぐらい違います(;´∀`)。また、楽器のレンタルサービスや音楽教室の料金もごく一般的な管楽器と比べると2倍程の開きがある事が多く、なかなか手が出しづらいというところでもあります…。

バリトンサックスの演奏に必要なもの

管楽器には、本体以外にも色々なものが必要になります。
サックスの場合、楽器本体の他に、ネックマウスピースリガチャーリードが必要になります。この他、楽器を収納するためのケース、演奏時に楽器を首から下げるためのストラップメンテナンス用の道具が必要になります。

ネック

ネックはマウスピースを取り付ける部分です。ネックについては殆どの場合楽器本体を購入したときに付属品としてついています。私の周りに付属品意外のネックを買ったことがあるという人はあまり見たことがないので、出費については気にする必要はなさそうです。

マウスピース

楽器は口をつけて息を吹き込む部分です。こちらも大抵は楽器本体に付属されています。当面の間は付属品で問題ないとは思いますが、マウスピースは吹き心地や音に大きく影響します。気になってきたら新たに購入するのも有りでしょう。単品で購入する場合、3,000~2,0000円くらいになります。

リガチャー

後述するリードを、マウスピースに固定するための器具です。マウスピース同様楽器本体に付属されています。こちらも単品では3,000円~20,000円くらいです。

リード

サックスやクラリネットはリードという葦で出来たとても薄い板状の物を振動させて音を鳴らします。この板状のものがリードです。マウスピースやリガチャーの様に恒久的に使えるものではなく、ある程度使うと交換が必要になります。たいていは5枚セット、10枚セットなどで売っていますが、とても繊細なものという事もあり、10枚のうちは使い物になるのは多くても半分ぐらい。下手したら1枚しかなかったという事もあります…。吹く頻度にもよりますが、下手したら10枚セット買ったのに1ヶ月後にまた購入するハメになるなんてこともあります(笑)。バリトンサックスの場合、リード代も高くつくため購入前にしっかり検討しましょうね!
値段は1枚あたり500~1,000円ほど。しかし10枚のうち使えるのが2枚だとすると、実質1枚2,500~5,000円くらいになってしまいます(汗)。その他、使えるリードを複数枚収納しておくリードケースも必要になります。簡素なものなら1000円ぐらい。5枚ぐらいまとめて収納できるタイプや、オシャレなものや頑丈なものになると2,000~5,000円くらいになります。

ケース

ケースも通常は楽器購入時に付属されているので最初の内はあまり気にしなくていいでしょう。バリトンサックスの場合しっかりとしたハードケースを単品で買うとなると、50,000~60,000円ぐらいはかかってしまいます(;´∀`)。

メンテナンス用の道具

クロス、スワブ、グリスなど色々とありますが、基本的なものは楽器購入時についてきます。最低限のものを単品で購入する場合は3,000円~5,000円ぐらい。必要になり次第、少しずつ買い足していきましょう。

結局いくらかかるのか

ネック、マウスピース、リガチャー、ケースは楽器本体購入時に付属していたものを使うとして、それ以外に必要になるものはリードとリードケース、メンテナンス用具(必要な場合)になります。とりあえずリードを10枚買うとなると、楽器本体意外に必要な出費は10,000円くらいでしょうか?この他、譜面台や教則本を購入する場合はもっとかかりますが、最低このくらいあればなんとかなるでしょう。
バリトンサックスの場合、楽器本体が高いだけにそこまで気にするような出費ではありませんね(笑)。ただし、それでもリードにかかるお金や、ケース購入時の出費はアルトサックス等よりは高くつくため、購入前にはしっかりと検討しましょう!

おわりに

楽器自体の金額が高いだけに、そう気安く挑戦できる楽器ではありませんが、懐に余裕があれば是非挑戦してみたい楽器ですよね!特別難しいと言われる楽器ではないため、管楽器初挑戦がバリトンサックスでも特に問題ないでしょう!とはいえ、楽器のサイズが大きい分、「練習用スタジオに持っていくのが億劫でやめちゃった」なんてことにはならないようにしましょうね!

閲覧者様の楽器ライフが素敵なものになりますように!

down

コメントする




プロフィール

楽器価格調査班

楽器価格調査班

これから楽器を始める大人の方々の為に色々な楽器の価格帯を調査しています! 価格と一緒に楽器の特徴も書いているので、何の楽器をやろうか悩んでいる方にもおすすめですよ!!

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー